ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

新卒の早期離職向け!第二新卒の転職活動で失敗しない企業の選び方

スポンサーリンク

新卒で入社した会社を僅か数か月で退職…。


未だに早期離職は一般的に悪い評価をされていますが、病気や体を壊したりする前に会社から逃げ出すのは素晴らしい判断です。


ちなみにわたしも新卒で会社を辞めた理由が

  • 毎日朝から晩まで飛び込み営業
  • 新卒に対してもノルマがキツイ
  • 上司との人間関係が悪すぎる


一言で表すと「辛いから」という理由で3ヵ月で退職しました。


その後ニート期間を経て転職活動を開始したのですが、「2回連続早期離職はできない」というプレッシャーの中での転職活動でした。


「じゃあ早期離職経験者はどんな仕事を選べばいいの?」ということで個人的ではありますが、仕事選びのポイントを3つ紹介します。


是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク




消耗しない仕事を選ぶ

f:id:Represent:20180619235408j:plain
仕事を選ぶポイントで最も大切なことは「消耗しない」ことです。

消耗する仕事といっても個人差があるとは思いますが

  • プライベートに影響を与える仕事
  • 身体や精神を犠牲にする仕事
  • 慢性的に「職場に行きたくない」と思う仕事


こんな感じの心身を擦り減らずような仕事は、入社してもまた早期離職を繰り返すだけなのでこれらの条件に当てはまらない仕事を選びましょう。


退職理由にもよりますが「2回連続早期離職」は転職市場での評価はかなり悪いです。


じゃあ具体的にどんなポイントで選べばいいの?ってことでコレ

  1. ルーティンワーク
  2. 定時で帰れる
  3. 副業が許される


この3ポイントが超重要です。

1.ルーティンワーク

ルーティンワークとは毎日決まった手順で同じ作業を繰り返す仕事です。


基本的にノルマや数字に追われることはなく、マニュアルを覚え日々淡々とこなしていきます。


仕事内容の強度が強くないことも重要です。


わたしも現在はルーティンワークの仕事に従事していますが、一度仕事を覚えてしまえばストレスを感じることはほぼありませんね。


もちろんモチベーションが上がらない日や退屈にかんじることはあります。しかし仕事で消耗することはあまりありません。

2.定時で帰れる

定時で帰れることは本当に大切です。


「いやいや定時で帰れる仕事なんてこのご時世少ないでしょ…」って思う人いるかもしれませんが、職種によっては残業無しで定時に帰るのがあたりまえですよ。


営業職やサービス業なんかだと残業から逃れられませんが…。


ちなみに「長時間労働をストレスに感じない人」は珍しくありません。ハッキリ言って12時間労働でもそれなりに乗り越えらる人は往々に存在しますからね。


しかし長時間労働をストレスに感じていなくても自分の気づかないところで消耗していきます。


それは「プライベートが成熟できない」ことです。

スポンサーリンク




3.副業が許されている

「副業なんて俺には無理や…」みたいな人でも入社前に副業が許されている会社なのか確認が必要です。


たしかに当面は新しい環境で仕事を覚え職場に慣れる努力が最優先のため副業は必要ありません。


しかし数年後の人生を現実的に想像すると副業の選択肢は重要です。

  • 家族ができて給与だけでは生活できない
  • 起業の準備で小さいビジネスを始めたい
  • 自分の趣味に価値が出た


年齢を重ねるとこんなことが現実に往々として起こりえます。

給与は低くてもかまわない

f:id:Represent:20180619235438j:plain
意外かもしれませんが転職先を選ぶポイントであまり重視しなくていいのが「給与」です。


以上の条件を満たしていれば最低限の生活ができるレベルの給与でも十分です。


どうしても収入を増やしたければアフター5の時間で副業を始めればOKです。


もっとも大切な事は「早期離職を繰り返さず、長く勤める」が条件なので仕事で消耗しないことが一番ですね。


まぁ「ワークライフバランス」と「給与」の両方が高水準で保証されている会社があればいいのですが、そんな会社に転職できるのは超ハイスペックな人間だけなので諦めましょう。

スポンサーリンク




仕事で消耗しないメリットが凄い

早期離職を繰り返さないために「仕事で消耗しない」ことが重要という話をしてきましたがもっとすごいメリットがたくさんあります。


さっきもすこしだけ書いた「プライベートの成熟」ってやつです。


仕事で消耗している人に比べ、仕事で消耗していない人の具体的なメリットは

  • 趣味ができる
  • 恋愛ができる
  • 副業ができる
  • 育児ができる


仕事でいっぱいいっぱいになってる人がコレを全部やろうとするとすぐに「無理だ」ってなりますよ。


特に仕事で消耗して育児に力を入れることさえ許されない労働環境とか最悪ですよね。


若い人特有の「続けられるから」とか「プライベートで特にやることないから」って思考回路は完全にアウト。アラサーになった時に人生行き詰ります。


仕事で消耗している人は「休みの日は回復のためにひたすら睡眠」「気がついたらアラフォーになり結婚を諦めた」みたいなことになりかねないので要注意。