ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

仕事のやる気がでない時の対処法。無理をしないで楽に生きよう

スポンサーリンク

f:id:Represent:20190314154309p:plain
仕事のやる気がでない…

今週はもう頑張れない…

今日もダラダラと仕事をしてしまった…


どんな立派な大人でも長く会社に勤めていたら、やる気がでない…なんて日はよくありますよね。わたしも仕事熱心なタイプではないので、仕事のやる気がでない日はとにかく辛いです。


仕事の能率は下がるし、次の休みまでの日数を数えるとテンション下がるし、それでも仕事は終わらせなきゃいけないし、という感じで自分の精神が袋小路に追い詰められるような感覚になります。


ということで今回の記事は「仕事のやる気がでない時の対処法や乗り切り方」を解説します。

スポンサーリンク




仕事のやる気がでなくて勤務時間が辛くなる…

f:id:Represent:20190314154633j:plain
仕事に対してやる気が満ち溢れている時は、アドレナリンやドーパミンが溢れ出ているので仕事が楽しくなります。やりがいすら感じてしまいハイテンションで仕事をする経験は誰にでもあるでしょう。


しかし、こういった仕事のやる気が満ち溢れているのは、仕事が上手くいって結果を残せている時だけです。


実際に仕事をしていると、やる気がでない時期が圧倒的に長いし仕事で結果を残せるのなんてごく稀。


やる気やモチベーションが削がれているのに長時間に働くのは本当に辛い…。どんなにやる気を出そうと自分を励ましても頑張れない時ってありますよね。


仕事や人生において良いことは一瞬で悪いことは一生続きます。

スポンサーリンク




無理をして仕事のやる気を出す必要はない

f:id:Represent:20180604164423j:plain
それではどのようにして、仕事のやる気を失っている時に仕事を乗り切るのか?


わたしが出した答えは「無理をして仕事のやる気を出す必要はない」ということです。


一般的な社会の価値観で「仕事のやる気がない人間は悪」という先入観がありますよね。


とはいえ年中仕事のやる気がある人間なんていません。仕事のやる気がない人間は普通ですよ。

仕事のやる気がでないのはあなただけではない

多くの人が言葉や表情に出さないで隠しているだけですが、仕事熱心で毎日毎日やる気に満ち溢れている人はほとんどいません。仕事のやる気がでない人はあなたの他にめちゃくちゃたくさんいます。


ある程度の社会経験を積むとわかるのですが、みんな一生懸命やっているフリや仕事熱心な人物を演じているんです。


そりゃあ職場であからさまにだらけたりするのはご法度ですからね。みんな見えないところで適度に休んでいます。


だから仕事のやる気がおきないのは正常なこと。モチベーションが上がらい自分がダメ人間なんてことは一切ありません。

仕事を頑張るだけが人生ではない

会社ではみんなが「一生懸命働く社員」を演じていますが、それはあくまで演じているだけです。


ほとんどの人の本心は「早く帰りたい」「角が立たないようにやる気を見せて仕事をしよう」「週末はなにをしようか」などのプライベートや自分の好きなことを考えています。


働くだけが人生の意義ではないし、プライベートなことや自分の好きなことを人生でもっとも大切にしている人は多いです。


仕事のやる気がないなら、それはそれで尊重されるべき大切な自分の価値観です。仕事のやる気がなくてめちゃくちゃ他人に迷惑をかける…みたいなことがなければ、「仕事を頑張らない」という選択肢もありでしょう。

スポンサーリンク




仕事のやる気がでない時の対処法

f:id:Represent:20180629142602j:plain
ここからは仕事のやる気ができない時の対処法や仕事との向き合い方を考えていきます。


前提として、仕事のやる気がでない自分を受け入れたうえでの対策です。無理して根性論でやる気を出させる!というの難しいでしょう。

早く退社することを仕事のモチベーションにする

仕事のやる気がでない=定時で帰りたい=定時で帰れるように仕事をする。という、早く帰ることを仕事のモチベーションにするのがもっとも健全なマインドセットでしょう。


わたしが以前勤めていた会社では、「自分の仕事さえ終われば定時になった瞬間帰っていい」という職場でした。こういった、頑張れば早く帰ることができる職場では、早く帰るために早く仕事を終わらせるのが重要です。


早く帰ることができればプライベートの時間も確保できますからね。


逆にやる気がでないからといってダラダラ残業するのは最悪。帰る時間も遅くなるし、仕事で疲れるだけだし。

仕事の隙間時間に自分のやりたいことをする

「自分の仕事が終わったからといって早く帰れる職場ではない…」という人はどうすればいいか?


こういった人は本業に支障が出ない程度に、仕事の隙間時間で自分のやりたいことをしたり休んだりするのがおすすめです。勤務中といえど、仕事はほどほどにしてストレスを溜めないようにしましょう。


営業職や外回りの人であれば「サボり」をして上手く休んでいた副業をしたりしますよね。


100%全力で仕事をしない自分を「わたしはこれでいいんんだ」と認めてあげましょう。

スポンサーリンク




さいごに:完璧な仕事を目指すと挫折してやる気がなくなりやすい

f:id:Represent:20180222140608j:plainf:id:Represent:20180822163429j:plain
仕事のやる気がない時は、無理をして頑張る必要はないでしょう。


会社や上司は「完璧な仕事をしろ」と高い目標を指示しますが、毎日そんなレベルの高い仕事をこなすのは本当に難しいです。そして、指示された高い目標を達成できなかった時に、挫折してしまい仕事へのやる気が一気に削がれてしまいます。


会社員人生は65歳までと非常に長いです。それだけ長ければやる気がある時もやる気がでない時もあります。


やる気がどうしても出ない時は、会社や同僚に迷惑がかからない程度に上手くぬきながら仕事ををしましょう。無理に頑張る必要はありません。

あわせて読みたい

社会人の勉強方法まとめ!「大人は何を勉強すればいいのか」を解説


スキル無しのニートでも在宅ワークで稼げる方法をすべて教える


社会人はなぜ辛くてキツイのか?会社員を経験してみてわかったこと