ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

月曜日の仕事に行きたくない…。日曜夜の憂鬱な気分を和らげるコツ

スポンサーリンク

f:id:Represent:20190419165253p:plain
月曜日の仕事に行きたくない…

日曜の夜になると仕事のことを考えて憂鬱になる


ほとんどの会社員の人は1週間のスタートである月曜日をとても憂鬱に感じてしまいます。いわゆる「サザエさん症候群」ってやつですね。


先日、30代半ばのわたしの友人が「中堅社員になった今でも、月曜日の仕事が頭をよぎってしまい日曜日の夜は辛い」と話していたのがとても印象的でした。


ということで今回の記事は「月曜日の仕事を乗り切るコツ」をわたしなりにまとめました。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク




社会人の日曜夜は誰もが憂鬱

f:id:Represent:20190419165421j:plain
「毎週日曜の夜になる憂鬱になる…。今の苦しみが一生続くのかな…。」と、仕事のことを考えると苦しくなり、今の環境に問題があるのではないか?と不安になる人は多いでしょう。


その結果将来に絶望したり安易な転職を考えたりと強いストレスに耐えられなくなります。「仕事がこんなにも嫌な自分は社会不適合者なのでは…?」などと自分に自信を失ってしまうことも。


しかし「月曜日の仕事に行きたくない」「日曜の夜は憂鬱」などと考えることは正常な思考です。そりゃあ自分の思い通りに過ごせる休日と長時間拘束される平日のどちらがいいか?を比べると、プライベートに重大なストレスを感じているをのぞけば休日が幸せでしょう。


「仕事が生きがい!」という高い意識を持ち、憂鬱にならない人はごく僅かな人種です。決してあなた自身が深刻な問題を抱えているわけではありません。

スポンサーリンク




月曜~金曜の過ごし方が仕事メインの日常だから辛くなる

f:id:Represent:20190419165334j:plain
日曜日の夜に憂鬱になったり月曜日の仕事に行きたくなくってしまう原因は、平日は仕事メインの生活となってしまい次の週末までガス抜きが難しいからです。


多くの社会人は平日の日中は職場で過ごし、退社後も家事や睡眠などの「やらなければいけないこと」を優先しなければいけません。平日は休日に比べると楽しいことやリラックスできる時間が圧倒的に少ないんですよね。


日々のルーティーンだけを消化していく面白くない1週間の始まりを目の前にすると月曜日の仕事は本当に辛いです。だって次の休日まで自分は機械の如く無機質な生活なってしまうから。


もちろん「仕事が辛すぎて出勤すらしたくない…」というような、曜日に関係なく慢性的に仕事に行きたくない人もいるでしょう。こういった人は転職するのも視野に入れた方がいいでしょう。

スポンサーリンク




平日のプライベートの予定を充実させて月曜日の仕事を乗り切る

f:id:Represent:20190403150233j:plain
それではどうやって日曜日の憂鬱な気分を少しでもやわらげるのか?わたしなりの考えですが「平日の終業後に自分が楽しめるスケジュールを入れたりストレス発散できるイベントに参加する」というのが答えです。


仕事で疲れていて早く休みたかったりするのも理解できますが、多少無理をしてでも平日のプライベートを充実できれば月曜日の絶望感を緩和できます。


一週間の中盤~終盤に楽しみな予定を調整できればベスト。「とりあえず2,3日仕事を我慢すれば楽しいイベントがある」というミニゴールを設定して月曜日を迎えることができれば、次の週末を待たなくても平日でも十分リフレッシュできるでしょう。


具体的な方法としては

①社会人サークルの活動
②異性と過ごす
③副業を始める
④スポーツジムに通う

などの選択肢が一般的といえるでしょう。平日でもプライベートを構築するとめちゃくちゃ人生捗ります。

①社会人サークルの活動

f:id:Represent:20190419165317j:plain
もっとも手っ取り早く平日のプライベートを充実させたければ社会人サークルや社会人教室に加入するのがおすすめです。


テニスサークル・フットサルサークル・料理教室etc…がベターな候補でしょうか。SNSやGoogle検索で「〇〇(地名) テニスサークル」で検索するとすぐにメンバーを募集している団体が表示されます。


「インターネットを経由して社会人サークルに入るなんて友達がいない人みたいで抵抗感がある…」という人も多いでしょうが、わたしの経験則では実際に加入してみると平日の充実感がまったく違います。

②異性と過ごす

f:id:Represent:20190403150333j:plain
恋人などの異性と遊ぶのは週末だけ…というのはちょっと寂しい。平日だって人肌恋しくなりますよ。人間だもの。平日の夜にディナーや泊まりに行ったりするアポを入れたりするのもいいでしょう。


また平日の夜に開催されている婚活パーティーや街コンに参加するのアリですよね。意外にも平日の夜は出会いに満ち溢れています。


個人的な考えではありますが、結婚願望があるのであれば平日にデートや出会いのアポを入れると恋愛はめちゃくちゃ捗ります。

③副業を始める

f:id:Represent:20190402233142j:plain
副業と聞くと「せっかく仕事が終わった後にまた働くの…?」などとネガティブに捉えられてしまいがちですが、アルバイトなどではなく個人で事業を立ち上げた副業はとても面白く刺激的です。


例を挙げると、ブログ・アフィリエイトやユーチューバー、他にはハンドメイドや転売なんかはやりがいを感じやすいでしょう。ちなみに当ブログの管理人のわたしも終業後にブログを書き始めたことがきっかけで副業となりました。


「時給」という概念で働くのではなく「自分の事業を成長させる」という、RPGのレベル上げに似たような面白さが副業の魅力でしょうか。会社員の給料と違い、キャッシュフローがすべて自分に蓄積されていくのでプチ経営者になったかのうよな感覚になれまよ。

④スポーツジムに通う

f:id:Represent:20190419165520j:plain
とてもベターではありますが、終業後にスポーツジムに通うのも平日を充実させるコツでしょう。ジムに通うメリットはコミュニティに属することができることと、体を鍛えてリフレッシュできることです。


というか平日夜のジムに通っている会社員はめちゃくちゃ多いです。わたしも過去に一度だけでスポーツジム入会していた時期がありましたが、平日の人気度は驚くレベルです。


ジムに通って体を鍛えたり体型維持=自己投資、という概念が高まっているので、疲れている体に鞭を打って通ってみる価値は高いでしょう。

スポンサーリンク




さいごに

この記事のまとめると

・月曜日の仕事に行きたくないのは正常な感情
・平日は仕事メインの日常だから辛くなる
・平日の終業後にプライベートな予定を入れる

という感じですね。


あくまでわたしの経験則ですが、平日の夜に楽しみな予定が入っていると日曜日の憂鬱度が激減しますね。


平日は疲れているから翌日の仕事に備えて早めに就寝する…という行動も間違いではありませんが、楽しいことが無ければ上手くストレス発散することができずに平日が辛くなってしまうでしょう。


上手く平日を充実させるとで、月曜日や日曜日の夕方の憂鬱感をやわらげましょう。

あわせて読みたい

社会人の勉強方法まとめ!「大人は何を勉強すればいいのか」を解説


仕事ができなくて辛い…。ミスばかりで辛い現実との向き合い方


人生後悔ばかり…。これから生きる時間を充実させるための処方箋