ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

ニートのアルバイトはリスクが多い!正社員が遠のくデメリットが…

スポンサーリンク

2018年10月26日更新
f:id:Represent:20180530140703j:plain

仕事を退職してしばらくすると金銭的に余裕がなくなってきますよね。


遊ぶお金も必要ですが、将来的に就職活動をすることを考えるとお金はあるに越したことはありません。


ここでニート初心者が一度は悩むであろう「アルバイトをした方がいいのか問題」


この悩みに関しては様々な見解があるでしょうが、元ニート経験者のわたしからすると絶対に中長期的なアルバイトはしてはいけません。


最悪の場合、フリーター生活から抜け出せなくる危険性があります。

スポンサーリンク




アルバイトはアリ地獄の一歩目…

f:id:Represent:20180530140703j:plain
アルバイトを始める。


すなわちニートからフリーターになるということです


ニートとは違い一定の収入が見込めるので、次の正社員としての仕事が見つかるまでフリーターで食つなぐ…なんて考えてしまいますよね。


しかし、以下に当てはまる人は安易なフリーター転身は要注意。

  • 第二新卒に該当する人
  • 26歳の人
  • 将来的に正社員で働くことに意欲的な人


これらに1つでも該当する人が安易にアルバイトを始めるリスクはかなり高い。


なぜこれらの人がアルバイトを始めニートからフリーターになるのが危険なのか?解説します。

中長期間は拘束される

短期間や単発のアルバイトなら問題ありませんが、期間を定めずに中長期的に同じ職場に従事するアルバイト(コンビニ店員やスーパーのレジ打ち)は就職活動の足枷になります。


いざ就職活動を始めようとしても「アルバイトをすぐに辞めれない」「アルバイト先で必要とされる」などの理由でますます就職が遠のきます。


アルバイト先の雇用主も長く働いてくれる人を優先的に採用しますからね。


仮にアルバイトを始めた直後に正社員の内定をもらってしまったらアルバイトを辞める時はかなり気まずいです。


もしアルバイトを始めるなら、しばらくはフリーターとして過ごす覚悟が必要。

金銭的に困らない現状に満足する

f:id:Represent:20180224222156p:plain
アルバイトで毎月10万円くらい稼ぐのってかなり簡単なんですよね。


難しい仕事をするでもなく、責任のある仕事をするでもなく正社員に比べるかなりイージー。


そうこうしているうちに、金銭的に困らない現状の生活に満足してしまい就職活動の意欲がガッツリそがれるんですよね。


わたしの友人のフリーターも「正社員になりたい」と言いつつ、「バイトが忙しいから」と理由をつけ就職活動をしていない人がいます。


例外なく彼もフリーターとしてそこそこ稼げる現状に満足しているんです。


多くのフリーターが将来は不安と思いつつ積極的に正社員を目指さない理由がコレ。

スキルが身に付かない

「正社員になるためにまずはアルバイトから始める」


この考えは本当に非合理的です。


「サッカー選手になるためにキャッチボールの練習をする」みたいなものです。


アルバイトの業務経験が正社員でも通用するかといったら、正直なところ通用しないのが本当のところ。

スポンサーリンク




せっかくのニートなので自由を満喫したほうがいい

f:id:Represent:20180530140916j:plain
わたしも新卒で入社した会社を3ヵ月で辞めた後、アルバイトを始めようか迷いました。


結局その時はアルバイトをしなかったのですが結果的に良かったと思います。


理由として

  • 何にも縛られず、自分のやりたいことに熱中する時間が作れた。(旅行とゲーム)
  • 「就職したい!」と思った時にすぐに行動できた。


アルバイトとは言え、数か月~数年は腰を据えてそこで働くことになります。


それは20代という大切な時間を切り売りするデメリットの多い行為です。