ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

ニートが起業して成功するために絶対必要なたった1つの要素

スポンサーリンク

f:id:Represent:20190316011438p:plain


ニート経験者であれば誰でも一度は考えるであろう「起業」という選択肢。


いつまでもニート生活を続けることはできない…。でも、社会復帰して会社員としてやっていく自信はないし、なによりできることなら働きたくない…。


そこで「起業」や「フリーランス」という選択肢を模索するわけですね。


しかし、ニートが起業して安定した経済基盤を築き上げるのはかなりハードルが高いです。楽して一発逆転で稼げる…なんて美味しい話しはありえず、正しい努力とそれなりの期間を要するでしょう。


「ニートが起業」は決して不可能というわけではありませんが、成功するために必ず乗り越えなければいけない壁があります。それは「継続」です。

スポンサーリンク




ニートが起業するために必要なのは「継続」

f:id:Represent:20190204170101j:plain
ニートが起業するにもっとも必要な要素は事業を継続させることです。


例えば、ニートが起業と称して何かしらのビジネスを始めたとしましょう。しかし、どんな事業でもいきなり最初から稼げるわけではありません。アイディア起業でもアフィリエイトでもせどりでもそれは同じです。


0から事業を立ち上げ起業してから、自分を養える金額を稼げるようになるまで最低でも2年~3年が必要です。


その長い年月の期間、事業が軌道に乗るまで継続することができるかが最低限必要な要素です。


起業を考えているニートは、長い期間努力を継続する覚悟と環境は整っていますか?

ニートが起業で人生一発逆転…なんてことはありえない

起業という選択肢を選んだら最低でも1年は、無給もしくは赤字を垂れ流しながら事業を継続しなければいけません。


もちろん不安になったり心が折れそうになることもめちゃくちゃ多いです。なぜなら、正解を教えてくれる人もいないし、自分の努力が正しいのかわからないから。


それでも経済基盤を作るためにコツコツと継続する…。誰しも安易に想像するであろう「起業で一発逆転!」みたいなことはありえません。


参入する業種やジャンルによって作業内容は違えど、日々孤独で地道な努力を積み重ねて起業にありつきます。

スポンサーリンク




ニートが起業して事業を継続するために必要なこと

f:id:Represent:20171214004208j:plain
事業を投げ出さないで継続するためには3つのポイントがあります。


それは


①生活の保障

②生産設備

③覚悟とモチベーショ

です。1つずつ説明していきます。

事業継続に必要なこと1:生活の保障

f:id:Represent:20180614175946j:plain
これまでに「自分を養えるようになるまで2年~3年」「起業1年目は無給もしくは赤字」と説明してきました。


この下積み期間の生活の保障がないと起業は難しいです。


会社員時代の貯金を切り崩しながら生活する、もしくは親に生活を支援してもらう。このどちらかは絶対に必要な要素です。


明日食うための金がすぐに必要…なんて人は長期的なスパンでみる起業は難しいです。

事業継続に必要なこと2:生産設備

f:id:Represent:20171214005038j:plain
起業するということは「価値(商品)を作り出し社会に提供する」ということ。


起業を目指すニートは、価値(商品)を作り出すための生産設備を持っているいるでしょうか?


生産設備とは作り出す商品や事業内容によって大きく変わってきますが、

・パソコン
・ネット環境
・教材・本

などが基本的なところでしょうか。


最低限ここら辺の生産設備さえ整っていればネットビジネスには参入できるでしょう。

事業継続に必要なこと3:覚悟とモチベーション

さいごに必要なのは「覚悟とモチベーション」です。ほとんど根性論ではありますが事業を継続するにはめちゃくちゃ大切な要素です。


くどいようですが、「楽して起業する」ということは絶対にありえません。起業は辛いことばかりです。スタートアップの期間はなかなか成果がでないので本当に苦しいです。

それでも起業する時に抱いた

・会社に勤めたくない
・1人で経済基盤を作りたい
・人生逆転したい

という、強い意志を絶対に忘れないで努力を継続すること。

スポンサーリンク




ニートの起業に適しているビジネスモデル

f:id:Represent:20171222205655j:plain
ニートが起業するにあたってもっとも必要な要素は継続力。これはどんな事業内容でも必要になる力です。


それでは「ニートが起業するにあたってどんな事業やビジネスモデルが良いのか」ということを説明します。


わたしの考えとしてニートにおすすめできるビジネスモデルの条件は、「副業や起業の定番の業界」です。つまり、アフィリエイトやユーチューバーなどですね。


よく「ユーチューバーは今からじゃ遅い」「アフィリエイトはもう稼げない」なんて言われがちですが、既に成熟した業界なので成功するノウハウが多く存在しています。競合相手が多いですが、その分成功までの道筋が明確なので難易度は高くありません。


一方で、競合が少ないアイディア起業はあまりおすすめできません。理由としては…

・ノウハウが少ない
・需要が少ない

ということで起業初心者が攻めるジャンルではありませんね。


ということでニートが起業に適しているビジネスモデルの具体例を説明します。

ブログ・アフィリエイト

f:id:Represent:20181110001818j:plain
副業の定番と言われているブログ・アフィリエイト。実際に現役ニートの方でも成功している人は数多くいるのでおすすめです。

wanilog.okinawa

neat-honne.hatenablog.com


ニートあがりのアフィリエイターさんを客観的に分析すると、成功するまで約2年くらいの期間をかけていますね。それでもってやっと若手の会社員の給料と同じくらいの収入です。


もちろん成功した背景には地道な努力が裏付けられています。

YouTube

「参入するのはもう遅い」「今からやっても稼げない」などよく言われるYouTubeですが、新規参入の余地はまだまだあります。
youtu.be

youtu.be
現役ニートのユーチューバーの成功例もかなり多いです。高画質カメラでの撮影や難しい編集をしなくても収益化に成功しています。


YouTubeの動画はなにがウケるかわからないので、コツコツ動画を作り続ければ必ずヒット動画は生まれるでしょう。

クラウドソーシング

起業というかフリーランスではありますが、確実に稼ぎやすいという観点からおすすめです。


マッチングサイトから仕事を受注し、納品できたら決めれた報酬がもらえる…というちょっとアルバイトに近い感覚ですね。


それでもクラウドソーシングだけで生計を立てている、俗にいう「クラウドワーカー」も珍しくなくなってきました。


具体的にどんな作業をするかというと

・テーマに沿った記事の執筆
・企業や情報サイトの記事の執筆
・データ入力
・文字起こし

という感じで、基本的にパソコンさえあれば誰でもできることが多いです。現実的に稼ぐためのハードルがもっとも低いでしょう。

せどり・転売

安く仕入れて高く売る…というとてもシンプルなビジネスモデルです。


せどりや転売と聞くと、初期投資や在庫管理のリスクが付きまとうのであまりいいイメージが少ないでしょう。


しかし、せどり・転売業界に参入するメリットがあって、それは競合との凌ぎ合いにならないということ。アフィリエイターやユーチューバーは常に同じジャンルの競合と戦い続けることになりますからね。


それにくらべてせどりは、「商品を流す」というだけなので他者との争いに巻き込まれないんですよね。


業界全体を見渡しも稼げるノウハウや情報が充実しているので、在庫管理のリスクさえ乗り越えればかなり優秀なビジネス。

スポンサーリンク




さいごに:努力を継続さえできれば道は開ける

f:id:Represent:20190225155757j:plain
さいごに改めてニートの起業に大切な要素伝えると、「継続力」だけなんですよね。


いつのまにか、働きたくない=楽して稼ぎたい=起業、という風に安易に考えてしまいがちですが、何をするにしろ長い年月をかけなければ経済基盤をつくったり起業を成功させたりはできません。


今月起業して来月にはある程度の収益が見込める、なんてことは絶対にありえないので理解してください。


それでも努力して事業を継続し続ければ必ず道は開けます。もし、高い志と経済的な余裕がある人は挑戦してみる価値はあるでしょう。

あわせて読みたい

社会人の勉強方法まとめ!「大人は何を勉強すればいいのか」を解説


スキル無しのニートでも在宅ワークで稼げる方法をすべて教える


手っ取り早く3万円を稼ぎたいなら自己アフィリをやっておくべし!