ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

仕事ができない自分が情けない…。苦手と割り切って諦めると楽になる

スポンサーリンク

f:id:Represent:20190306120331p:plain

仕事ができない自分が情けない。


これは若手社員に限らず、会社に勤めている多くの人が抱えている悩みですよね。


毎日簡単なミスを繰り返してしまい上司に呆れられた…

同期の社員より仕事を覚えが悪くて遅れをとっている…

自分より経験の少ない後輩社員に成績を抜かれてしまった…


職場において仕事ができない人と仕事ができる人が二極化されるのはよくあることだし、仕事ができない人が汚名返上のために這い上がろうとするのはなかなか難しいです。


そして仕事ができない社員は自信を失い自分が情けないとすら思ってしまう…。仕事に対する苦手意識が深刻化して、めちゃくちゃ惨めになってしまうんですよね。


わたし自身も仕事でケアレスミスを連発するクセがあり辛い経験をしました。成績が悪い…というよりは信じられないような簡単なミスをしてしまう、といった感じで仕事において劣等感が強かったです。


でまぁ、自分で「わたしは仕事ができないタイプの人間なんだな」と自覚したら、仕事ができない自分を受け入れてあげるの大切なんだと気づきました。良い意味で仕事ができない自分に納得する。といった感じで考えるようになったら少し気持ちが楽になります。


ということで今回の記事は「仕事できない自分が情けないと感じている人への処方箋」です。

スポンサーリンク




前提として:苦手な仕事を克服して、他人より結果を出すのは本当に難しい

f:id:Represent:20181110001818j:plain
ちょっと残酷な話ですが、現在仕事ができない人が将来的に仕事をできるようになり、さらに周囲の人間を追い越すのはめちゃくちゃ難しいです。


決して「仕事ができるようになるために努力するのは無駄」と言っているのではなく、人によって生まれながらの適正や得意不得意が必ず存在するということ。


例えばですが、「営業が苦手だけど努力する社員」VS「営業が得意でなおかつ努力する社員」で競い合ったらどちらが優秀な社員でしょうか?間違いなく後者ですよね。


そもそも社会人が仕事で努力をするのは当たり前です。つまり仕事の適正がない人がどうにかして評価を変えようとしたら、それなりに厳しい茨の道を進まなければいけません。


わたしの経験では小手先のテクニックや付け焼刃のような努力では、ある日いきなり仕事ができるようになる!なんてことはありえません。センスや自頭の良さ、もしくは長い期間継続して努力を続けなければ人よりも仕事ができるようなるのは難しいでしょう。

スポンサーリンク




苦手なことで結果を出そうとするから苦しくなる

f:id:Represent:20180629142602j:plain
なぜ仕事ができないと情けなくなり劣等感にかられるのか?原因は、苦手なことで結果を出そうとするから苦しくなる、ということです。


そりゃあ自分が苦手な土俵やジャンルで、他人より良い結果を求められるのはかなりキツイです。


じゃあ仕事ができない人は惨めにならなければいけないのか?それは違います。勝てないと思ったら諦めて、自分の勝てるところで勝てばいいのです。


運動が得意な人もいれば勉強が得意な人もいる。仕事が得意な人もいれば恋愛が得意な人もいる。経理が得意な人がいれば営業が得意な人もいる。


仮定の話ですが、仕事ができる人でも家族や恋人などの大切な人がいなくて不幸って人もいるということ。


たかが仕事で評価されず負けの烙印を押されても普通に生きていけます。どこで勝ってどこで負けるか?自分が本当に勝ったり評価を得たいことを明確にしましょう。

「仕事ができない自分が情けない」という価値観にとらわれる必要はない

世間の価値観や会社内だけの狭い価値観に囚われるのは自分の人生を生きずらくさせてしまいます。


「仕事ができないのは悪」「仕事ができない人は惨め」という価値観は、あくまで社内や仕事熱心な人の考えです。もし自分が、仕事が苦手だったり嫌いなタイプの人間だったら、その人たちの価値観に合わせる必要はありませんよね。


仕事ができない人でも、プライベートを充実させたり大切な人との時間を楽しむ権利は持っています。


仕事で自信を失っていたりできない自分を情けないと思っている人は、仕事以外で自分を必要してくれるような居場所を見つけて大切にしましょう。世の中の大人だれしもが仕事だけにフルコミットしているわけではありません。

スポンサーリンク




さいごに:仕事以外で大切な居場所を見つけよう

f:id:Represent:20180604164232j:plain
自分が活躍できない場所や無下に扱われるようなコミュニティで無理して努力する必要はありません。せっかくの人生なので、自分を必要としてくれる人たちに尽くして充実感を得ましょう。


あくまで仕事の充実なんて人生の一部にしかすぎません。仕事ができなくても簡単にクビにはならないし人間失格というわけもないので、「仕事ができない自分」を自分で認めてあげましょう。


そりゃあ人間多少なりとも苦手なこともありますよ。人間だもの。

あわせて読みたい

社会人の勉強方法まとめ!「大人は何を勉強すればいいのか」を解説


スキル無しのニートでも在宅ワークで稼げる方法をすべて教える


社会人はなぜ辛くてキツイのか?会社員を経験してみてわかったこと