ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

社会人の勉強方法まとめ!「大人は何を勉強すればいいのか」を解説

スポンサーリンク

社会人の勉強法まとめ
f:id:Represent:20181121223105j:plain


こんばんは。今回の記事は「社会人の勉強方法」について。


社会人になると目の前の労働に追われて勉強を放棄する人はめちゃくちゃ多いです。


しかも社会人の勉強は学校と違って「勉強する課題を自分で選ばなければいけない」というポイントがあります。つまり、言われたことしかできない人は、社会人になったら勉強の方法がわからないので勉強できる人との格差は広がるばかりです。


ということで「社会人だけどこれから勉強したい!」という人向けに勉強方法を解説します。

スポンサーリンク




なぜ社会人も勉強する必要があるのか?それは資本主義ゲームの中で生きているから

f:id:Represent:20180629142602j:plain
まず勉強を始めるにあたって、そもそも「なぜ勉強する必要があるのか?」という点を理解しておきましょう。


その答えは簡単で「私たちは資本主義ゲームの中で生きているから」ということです。もっと端的にまとめると、資本主義では「お金を稼いだ人の勝ち」というルールの中で戦いで勝ち続けなければいけないから。


で、お金を稼ぐためには生産設備(資本)が必要ですよね。生産設備と聞くと工場などを連想しますが、私たち個人にも生産設備は整っています。


それは私自身の身体が生産設備(資本)であり、そこから労働力という商品を生み出してお金を稼いでるのです。


一般的に「高給取り」と言われてる人は、個人の生産設備から生み出される労働力の価値が高い人たち。高給取りの労働力は知識・教養・スキルが詰め込まれたハイクオリティな商品です。


知識・教養・スキルは勉強や学習で質を高めていくしかありません。だから社会人でも勉強する必要があるのです。

知識・教養・スキルがない大人は経済的に一生苦労する

f:id:Represent:20180530134054j:plain
勉強を怠りプライベートの時間は消費的な活動ばかり…。そういう人たちは勉強をしている人に比べて、言わずもがなと思いますが知識・教養・スキルは低い水準となります。


その結果どうなるかというと…

  • 労働力の価値が上がらない(給料が上がらない)
  • 副業ができない
  • マネーリテラシーが低いまま


という感じですね。一言でいうと、経済的に豊かになれません。


特にマネーリテラシーが低い人は、自分が気づいていないところで年間数十万は損しています。


この資本主義ゲームの中では搾取とも言える罠(学資保険・大手携帯キャリア・現金決済etc...)がたくさん潜んでいます。

「時間が無い」のは当たり前。厳しい環境下で自己投資した者だけが楽をできる

f:id:Represent:20180619235428j:plain
仕事が終わって帰宅…。風呂に入って夕飯を食べたら就寝すまで布団に入りながらYouTubeを見る…。


わたしも社会人2年目くらいまではこんな生活でした。仕事に疲れて帰宅してからは何もする気が起きない、という気持ちはよく理解できます。


それでも経済的に豊かになりたいのであれば、1日30分でも1時間でもやるしかないのです。目の前にある一時の快楽を選ばず、将来的に楽をするためにコツコツと自己投資を積み重ねた人だけが報われるの資本主義ゲームの掟です。

スポンサーリンク




何を勉強するかは「経済的に豊かになる方法」を念頭に考える

f:id:Represent:20180614180025j:plain
いざ「勉強を始めよう!」と志しても、何から手を付けていけばいいかわからない人は意外にも多いです。


「何を勉強するか」を一言でいうと、経済的に豊かになる方法を勉強しましょう。


具体的にはどんな勉強をするかは、その人の能力や環境によってかなり違うので一概には言えません。


あえて大きくジャンル分けするとしたらこんな感じ。

  • マネーリテラシー
  • 社内評価のステップアップ
  • 起業や副業


ちなみにわたしが現在勉強しているジャンルは副業関連ですね。最近ではせどりや転売でお小遣い稼ぎができるように、転売関連の本を読んだり数千円くらいの資本で小リスクのメルカリ転売お試し程度に実践しています。

勉強ジャンル1・マネーリテラシー

f:id:Represent:20181011174005j:plain
マネーリテラシーを学ぶと税金や固定費などで「損をしない仕組みを知る」というメリットがあります。


というのもマネーリテラシーを学ばないと、一生高い固定費を支払い続け容赦なく搾取されます。我が家の場合だとマネーリテラシーを学んだメリットで、以前に比べ年間で20万円くらい得するようになりました。


具体的にどういうことかというと

  • 格安SIM
  • ふるさと納税
  • 現金を使わない
  • 積立NISA


積立NISAはちょっと違いますが、これらの知識があるかないかで支出額がかなり変わります。


基本的にどれもめちゃくちゃ簡単に実行できることなので、情弱になりたくない人はマネーリテラシーの勉強は必須です。

勉強ジャンル2・社内評価のステップアップ

f:id:Represent:20181121223105j:plain
これは多くの人が既に実践している勉強ジャンルですよね。社内で推奨されている資格を取得すると、年収に直接影響してくるのでモチベーションにも上がりやすいです。


不動産関係なら宅建を取得したり、営業職なら交渉術やトークの範囲を広げるために知っている知識を増やしたりしますよね。


こういった専門的な勉強をしたことは自分の資産となり、自分が持っている労働力の質が高まります。


たとえ部署が移動したり転職したりしても学んだことは無駄にならず、環境が変わっても「強くてニューゲーム」みたいな感じで仕事がイージーモードになります。

勉強ジャンル3・起業や副業

f:id:Represent:20180822163517j:plain
「副業や起業はハードルが高すぎる…」と思うかもしれませんが、仕事に慣れてプライベートに余裕がある人は絶対に勉強がした方がいいです。


会社員の片手間でも実践できる副業は

  • ブログ・アフィリエイト
  • せどり・転売
  • クラウドソーシング


ここら辺の知識があるかないかで、プライベートの時間の使い方はめちゃくちゃ変わってきますね。


わたしの経験上「自分のビジネスを持つ」ということは最高の学びだと考えています。自分で0からビジネスを始めるのは得れる経験が本当に多いですね。

スポンサーリンク




読書と実践が最強の勉強方法

f:id:Represent:20181121223116j:plain
具体的な社会人の勉強方法は「読書」と「実践」が基本となりますね。もちろん資格取得を目指す場合はテキストを購入して問題を解くのが一般的です。


自分が学びたいこと、勉強をした先にメリットがある教養を狙いましょう。


ちなみにしっかりと稼げるレベルの専門的な知識を身につけたいのであれば、読書をめんどくさがってGoogle検索で済ませよう…なんてことは絶対にダメです。


マネーリテラシーを学ぶ程度あればGoogle検索で十分な知識は得られますが、資格取得や副業系となるとインターネットの情報だと薄いでしょうね。


なぜ本を読むかというと、本は著者との会話だからです。一冊の本には著者が人生で経験した事と、それによって得た知見が書かれているので読書はコスパ最強の勉強方法です。

実践で得た経験に勝る学びはない

f:id:Represent:20181210152438j:plain
勉強とは少しイメージが違うかもしれませんが、読書で得た学びを実践で使ってみるのも学びとして得れるものはとても多いです。


例えば、「副業のノウハウ本を読んで本の内容を実践してみる」や「格安SIMなどの節約方法を学び実践してみる」などなど。


学んだ内容を実践してみて初めて勉強した意味があります。実践した結果、たとえ失敗したとしてもかまいません。それがあなたの経験となり知見が広かるからです。


実践してみた結果を反省してPDCAサイクルを回す…というのは個人的に最も学びのスピードが速くなると考えています。

スポンサーリンク




さいごに:勉強することが目的になってはいけない

f:id:Represent:20180619235408j:plain
ということで「大人の勉強方法」を紹介しました。


最後に勉強することの注意点をあげると「勉強することが目的になってはいけない」ということですね。


勉強した先にどんなメリットがあるのか?自分は勉強した結果どうなりたいのか?


ここら辺が明確になっていないと勉強の質は上がらないし、せっかく身につけた知識が使われることなく終わるかもしれません。


自分はどうなりたいか?というゴールからある程度逆算して勉強を始めましょう。


最後に個人的にめちゃくちゃ教養になった本を紹介しておしまいにします。