ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

ニートをやめたい!うだつの上がらない現状から脱出するめの3つの選択肢

スポンサーリンク

ニート脱出の選択肢
f:id:Represent:20180623094759j:plain
そろそろニートを脱出したい…


家族の視線が冷たくなってきたので自分でお金を稼がなきゃ…


仕事を辞めてストレスフリーなニート生活に突入したものの、無職期間が長くなるにつれて徐々に環境が蝕まれていく感覚に襲われます。


その原因は

  • いつまでこの生活が続くのか
  • 果たして再就職できるのか
  • 家族に冷たい目で見られる
  • 働いていない劣等感

実はニートになってもストレスから解放されることがなく、慢性的に現在と将来の不安に悩まされるんですよね。


もちろん個人差はありますが、わたしはニート歴が半年を超えたあたりから「そろそろヤバいかな…?」と悩み始めました。


そこでやっと「ニートをやめたい」「ニートから脱出したい」と真剣に考え始めるわけです。結局それから数か月後には社会復帰を果たしました。


今回の記事では自身の経験を元に「ニート脱出の選択肢」を解説します。

スポンサーリンク




前提として:ニート脱出するにはお金を稼ぐしかない

f:id:Represent:20180614180025j:plain
まずはじめに「どうやったらニート脱出できるか?」の問いに対して答えはとてもシンプルです。


自力でお金を稼ぐことです。そして行動すること。


具体的な行動に落とし込んでいくと「アルバイトや就職の面接を受ける」「クラウドソーシングで仕事を受注してみる」などです。


ただ「ハローワークに行った」とか「求人誌を見た」とかでは意味がありません。それじゃあ結局なにも行動を起こしていないのと同じでしょう。


もちろんニートの気持ちも理解できます。生活が激変する恐れがあるから最初の一歩を踏み出すのが億劫なんですよね。


その第一歩目が鉛のように重い足だとわたしも重々承知していますが、とにかく後先を何も考えず勢いに任せて一歩目の前進をするしかありません。

行動できない正体は不安

f:id:Represent:20181029144001j:plain
なぜお金を稼ぐことに億劫になっているのか?


その原因は未来がわからないからです。

  • 失敗したらどうしよう
  • 自分にできるわけがない


行動をためらう理由はこんなところでしょうかね。


人生これ以上失敗するのではないか?という不安から、行動を起こさず無気力状態に陥るわけです。


この状態からどうやって脱却するかというと、マジで後先考えずに行動するしかないですね。

ニート脱出後のメリットを知っているか?

f:id:Represent:20180604164232j:plain
無職期間が長くなると働くことへの恐怖心が強くなりますが、お金を稼げるようになるメリットにも目を当てましょう

  • 飢え死にするリスクがない
  • 家族関係が改善される
  • お金に困ることがない
  • 社会的な地位を得れる
  • 欲しいものを買える
  • 結婚できる

そうなんです!たった「働く」という行動を移すだけで人生の幅が大きく広がります!


というかニートが不安に考えている将来の不安をすべて解決したようなものですね。


もちろん働くデメリットとして仕事のストレスがありますが、無職期間中の人生が行き詰っている閉塞感のストレスに比べればどうってことありません。

スポンサーリンク




ニート脱出の選択肢

f:id:Represent:20180530171153j:plain
わたしはニート脱出する現実的な選択肢は3つあると考えています。

  1. 正社員
  2. 在宅ワーカー
  3. フリーター


他にもいろいろな選択肢はあるかもしれませんが、特別なスキルや経験を持っていない人がお金を稼ぐとなると実現可能な選択肢はこの3つでしょう。

1,正社員

f:id:Represent:20180622102616j:plain
誰しもが1番初めに思いつくニート脱出の選択肢が正社員でしょう。世間一般ではもっとも真っ当な生き方ですよね。


しかし、会社で正社員として仕事をすることへの恐怖心やトラウマがある人は抵抗感を感じてしまうかもしれませんね。これまで仕事をしてこなかったのでニートなら誰しも考えることです。


とはいえストレスや体力的に強度の弱いゆるふわな仕事に就くことができれば無理をせず長く勤めることも難しくありません。具体的には「ルーティンワーク」「社員の平均年齢」などがポイントとなりますね。


また、働くこと以前に就職活動に不安を感じているでしょう。「働きたいけど何か始めればいいの?」と悩む人も多はずです。


就職活動の手順や方法は、就職サイトに登録しておくとエージェントが面接や履歴書の攻略法を無料で足取り教えてくれます。


現在の日本は慢性的な人手不足により売り手市場なことも考慮すると、多少職歴のブランクが長くても再就職は難しいことではありません。

2,在宅ワーカー

f:id:Represent:20180822163517j:plain
ニート脱出するための2つ目の選択肢は在宅ワーカーです。在宅ワークに必要な物はPCとネット環境のみなので誰でも気軽に始められるでしょう。


「在宅ワークで本当に稼げるの?」と疑心暗鬼の人もいると思いますが、個人的には会社員になるより簡単に稼げるんじゃないかなと思います。


具体的な手法としてはクラウドソーシングが最も簡単で、尚且つ安定した収入を得れる働き方だと考えています。個人的には在宅ワークの王道のアフィリエイトは若干難易度が高いので全ての人におすすめできるわけではありませんね。


クラウドソーシングはクラウドワークスBizseekなどのマッチングサイトに無料登録して仕事を受注することになります。


特別なスキルがない人は

  • ライティング
  • 文字起こし
  • データ入力

などの仕事をすることになるでしょう。


在宅ワークやクラウドソーシングと聞くとなんとなく敷居が高いように感じますが、実際に登録して仕事を受注してみると意外と簡単だということがわかるでしょう。


最近だと専業の在宅ワーカーも珍しくないので、極力引きこもっていたい人には本気でおすすめ。

3,フリーター

f:id:Represent:20181124152847j:plain
個人的にはあんまりおすすめできませんが、アルバイトや契約社員などの非正規雇用者となってニート脱出する方法も選択肢の1つでしょう。


なんであんまりおすすめできないかというと、あくまで一時的に仕事をしているに過ぎないからですね。


だって一生フリーターで過ごしたり、契約社員のまま定年を迎えるってちょっと非現実的な選択肢じゃないですか?


いつきられるかわからない中で年齢を重ねるのはリスクが高いように思います。


とはいえ、あまりにも無職期間が長い人ならリハビリ的な意味で期間を決めてフリーターになるのもアリですね。


特にアルバイトなら対人関係のストレスが少ない職場(夜勤や警備員)など選べる幅が広いので気楽に稼げるでしょう。

スポンサーリンク




ニートを脱出したいけど、なにから始めればいいかわからない人へ

f:id:Represent:20180601135046j:plain
ここまでニート脱出の選択肢を説明してきましたが「じゃあ具体的にどう行動をすればいいの?」と足踏みをする人もいるでしょう。


今紹介した「正社員」「在宅ワーカー」「フリーター」になるためにそれぞれどんな手順で行動すればいいのかを解説します。

正社員を目指す

f:id:Represent:20180530231714j:plain
正社員を目指すのであれば既卒や未経験を募集している転職サイトに登録しましょう。


既卒者や未経験向けの大手転職サイトをこちらの「既卒者・第二新卒・20代に特化したおすすめ転職サイトまとめ」にまとめています。


とりあえずいくつかサイトに登録した後、就職エージェントとの面談があるので再就職に関する悩みをすべてぶつけてください。もちろん無料で利用できます。


エージェントはあなたが希望の仕事に就ける架け橋を作ってくれるので、頼らない手はないでしょう。


「中にはエージェントに会うのがめんどくさい」と思う人もいるかもしれませんが、エージェントに頼らず自力で就職を目指すのはかなり難易度が高いので要注意です。


面接対策、履歴書添削、希望の求人探し、ビジネスマナー…これらをすべて我流で習得して就職活動に臨むのは本当に難しいです。

在宅ワーカーを目指す

f:id:Represent:20180822163429j:plain
在宅ワーカーになるにのは本当に簡単で、行動さえとれば今日から収入をえることは可能です。先ほども説明しましたが、わたしが説明する在宅ワーカーはクラウドソーシングの手法をとります。


こちらの「スキル無しのニートでも在宅ワークで稼げる方法をすべて教える」に詳しくクラウドソーシングについてまとめてるので合わせて読んでください。


まずクラウドソーシングを始めるために仕事を受注するためにマッチングサイトに登録します。おすすめのサイトは大手のクラウドワークスBizseekがいいでしょう。


サイト登録後に「タスク」という項目の作業に取り掛かります。具体的に何をするかは「文字起こし」「ライティング」「データ入力」などですね。


「ライティングなんて自分にできないよ…」と思う人もいるかもしれませんが実際にやってみると、与えられたテーマに沿った感想文や知っていることを書くだけ。


もちろん10万円~20万円を稼ごうとするとそれなりに作業量が必要です。しかしクラウドソーシングは継続してフルコミットすれば、作業のコツをつかみ収入が上がるのでやってみる価値はアリです。


クラウドワークスの無料会員登録はこちら→日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」


Bizseekの無料会員登録はこちら→空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】

フリーターを目指す

f:id:Represent:20181110001837j:plain
さいごにフリーターになる手順ですね。まずはアルバイトの求人サイトに登録して自分ができそうな仕事を探してください。


中長期的なアルバイト探したいのであればシフトワークスマッハバイトがおすすめ。短期の単発バイト探すのであればshotworksがいいですね


どれも大手サイトなので求人数はかなり多いです。わたしが使ってみた感じでは地方でも十分求人を探せるレベルのサイトです。


とりあえず「求人応募~面接を受ける」という行動を起こさなければニート脱出は不可能なので、まずは求人応募というアクションを早めに起こしましょう


また無職期間が長くて仕事に対して自信を失っている人は、こちらの「ニートにおすすめのアルバイトとは?社会復帰第一歩向けの楽バイト」を参考にしてアルバイトを探してください。わたしが考えるアルバイトの選び方をまとまてあります。

スポンサーリンク




さいごに

以上がわたしが考える現実的なニート脱出後の選択肢とニート脱出方法でした。


なにはともあれ「まずは行動」が大切ということですね。


よくネットで見かける情報で「生活リズムを直しましょう」「軽い散歩から始めましょう」みたいなことが書かれていますが、早起きや散歩をしたところでニートから脱出することはできません。


後先のことを考えず「お金を稼ぐためには何をするべきか」を勢いをつけて勇気をもって行動しましょう。