ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

新卒入社後半年以内で転職を試みるのは現実的にアリな選択しなのか?

スポンサーリンク

新卒半年以内の転職はアリかナシか?
f:id:Represent:20181115201507j:plain
新卒で希望の会社に入社できたものの今の仕事を続けていける気がしない…


毎日上司からの怒鳴られるのがきつくて出勤したくない…


本当は仕事を辞めたいけど早期離職だと転職先が見つかるか不安…


という悩みを抱えている新卒社員は多くいます。もちろんわたしの新卒時代も入社直後から毎日「早く辞めたい」としか考えていませんでした。


しかし新卒で入社した会社を数か月で退職して転職活動を始める…という選択肢は誰も賛成してくれませんでした。


理由としては

  • 新入社員は苦労するのが当たり前
  • 石の上にも三年
  • 早期離職者は転職活動で不利


といったところで退職と転職に反対されることが多かったですね。


まぁ結局入社後3か月で辞める訳なんですが



退職~ちょっとニート~転職という感じで社会人1年目を終えたのですが、今振り返ってみて「新卒入社後半年以内で転職を試みるのは現実的にアリな選択しなのか?」ということを実体験をもとに思い返しながら考察していきます。

スポンサーリンク




新卒社員の半年以内の転職&退職はアリ

f:id:Represent:20180530231714j:plain
まず個人的な意見ではありますが結論として「新卒社員の半年以内の転職&退職はアリ」だと考えています。


もちろん新卒で入社した会社でキャリアを積んでいく…というのが会社員としての理想的なプランでしょう。


しかし「新卒で入社した会社でキャリアを積んでいく」ためにさまざま弊害が存在します。

  • 日常的なパワハラ
  • 選んだ職種が驚くほど向いていない
  • 長時間に及ぶサービス残業

などなどですね。


それらのストレスで極限まで苦しんでいるのであれば、我慢してまで新卒で入社した会社にこだわる必要はあるのか?って話ですよね。


ちなみにわたしの場合は「日常的なパワハラ」と「選んだ職種が驚くほど向いていない」に悩みました。


毎日毎日「今の上司と縁を切りたい」「二度と飛び込み営業はしたくない」「営業職を選んで後悔している」と考えていましたよ。


この問題の本質は、これから数十年そのストレスに耐えながらキャリア築けるか?というところでした。


現状のとてつもないストレスと新卒入社した会社でキャリアを築くことを天秤にかけると、必ずしも転職すること間違えではないですよね、


だからわたしは「新卒社員の半年以内の転職&退職はアリ」という考え持っています。

スポンサーリンク




そもそも早期離職のデメリットってなんだっけ

f:id:Represent:20180601135046j:plain
早期離職は世間体が悪い!

石の上にも三年!


などと一般論では言われていますが、そもそも実際のところ早期離職のデメリットはどうなのか?というところをお話します。


実際にわたしが感じた早期離職のデメリットは以下の2つ

  • 周囲からの評判が落ちる
  • 金銭的な困窮


以外にも転職活動において不利になる…ということは感じませんでしたね。


わたしの周囲にも中途ではありますが「入社して1か月以内で辞めた」という人はちょくちょくいて、その後の再転職先でキャリアを築くのに成功しています。


新卒・中途限らずに、たった1回だけ早期離職しただけでは転職市場の価値は落ちないでしょう。

周囲からの評判が落ちる

f:id:Represent:20180604164423j:plain
少なからず早期離職はあなたの知人から「コイツ大丈夫か?」と不安を抱かれますね。


もちろんわたしも同期からは社会不適合者扱。新卒の早期離職はある意味ドロップアウトですからねー。疎外感が半端じゃないです。


今まで高校・大学で退学レベルの挫折を味わっていない人はメンタル的にかなりきついかも。


とは言えこれはあくまで評判レベルの話です。第二新卒の転職市場においては「若さ」という観点からかなり強みのある存在です。


もちろん面接で早期離職した理由を聞かれますが、伝え方に気をつけて正直に話せば問題ないでしょう。

金銭的な困窮

f:id:Represent:20180614175946j:plain
新卒1年以内の退職であれば、転職先が決まるまでの期間を過ごす貯蓄があるか不安なところですよね。実家に帰って少しの期間は親のすねをかじりながらニートで過ごす…という考えなら問題ありませんが。


1年以内の退職だと失業保険は受け取れませんし、収入がない状態で保険・住民税・スマホ代などの固定費が襲ってきます。


こういった金銭的にかなりきつい状況で転職活動を強いられることになるので、転職先が決まるまで実家の世話になれるか?というところを把握しておかなければいけませんね。

スポンサーリンク




今の職種を変えたいのなら早めの転職は問題ない

f:id:Represent:20180622102616j:plain
ここまで説明したデメリットをふまえて新卒社員の転職はアリだと考えています。


特に現在就いている職種を変更したい場合は、早めの転職は問題ないでしょう。


わたしの場合は営業職(新卒職種)から工場作業員(中途職種)と全くちがう職種への転職を目指していいたので、営業職でのキャリアは無意味だったんですよね。


新卒で就いた職種のキャリアを今後継続する気が一切ないのであれば、若さを生かして未経験職種に転職するのは転職市場において受け入れられやすいでしょう。

第二新卒の転職市場は成熟している

そもそも第二新卒って転職しやすいの?

早期離職した人を雇ってくれる企業なんてあるの?


こういった不安や悩みは感じずにはいられませんよね。


とはいえですよね。数年前に比べて第二新卒や既卒者向けの転職市場は成熟しているといえるでしょう。


こちらの「既卒者・第二新卒・20代に特化したおすすめ転職サイトまとめ」でも紹介していますが、第二新卒専用の転職サイトはたくさんあるんですよね。


なかでも【ウズキャリ第二新卒】【ハタラクティブ】は第二新卒市場ではかなり有名な転職サイトになってきました。


そもそも日本全体の慢性的な人手不足に陥っているので、しばらくは転職者有利の売り手市場が続くでしょう。

スポンサーリンク




わたしが新卒入社後3か月で退職~転職の実例

f:id:Represent:20180525152535j:plain
さいごにわたしの新卒入社後3か月で退職~転職までの実体験をお話します。


新卒入社後は営業職に就きました。しかしその会社はそこそこブラック企業。

  • 入社数日後に1人で飛び込み営業
  • 毎日上司に詰められる
  • 研修はナシ
  • 基本的に上司は何も教えてくれない
  • ノルマが達成できないと育ちや家族までも悪く言われる

などなど…二度と営業はしたくないと思い早々に退職を決意。入社後3か月でスピード退職。


その後は翌年まで自宅にてニートで過ごしました。年度が替わりの3月に薄給ホワイト企業の工場から内定をもらう。という感じでしたね。


もちろん「なんで3か月で仕事を辞めたの?」と聞かれましたが「営業職でキャリアを積む気はないから」と正直に伝えました。


わたしは新卒入社後半年以内に退職しその後転職しましたが、結果的に転職に成功したと思っています。


なぜなら「あのまま新卒で勤めた会社で営業職を続けている自分を想像できないから」です。


頭ごなしに「石の上にも三年!」というのは簡単です。しかし自分のキャリアを考えた時に、とりあえず3年続ける意味はあるのか?と考えることは必要です。