ちょっとニートさん休もうよ

新卒・仕事を辞めたい若者・無職・ニートなどの仕事で悩んでいる人を応援するブログ

ちょっとニートさん休もうよ

新卒社員が1年目で仕事を辞めたら後悔するのか?いや!後悔しない!

スポンサーリンク

後悔しない!
f:id:Represent:20181110001818j:plain


新卒入社の社会人1年目だけど仕事が辛くてもう辞めたい…


せっかく就活で頑張って内定をもらった企業だから辞めたら後悔するかな…?


1年目も耐えられずに辞めたら後悔するだろうな…


世間の常識では「新卒は最低でも3年勤めろ」と口酸っぱく言われていますが果たしどうなのか?ってところですよね。


ちなみにわたしは新卒で入社した会社を僅か3か月で退職した身です。で!新卒の1年目で早期離職したら後悔するのか?


いや!まったく後悔していないですよ!


わたしの友人や先輩にも新卒で入った会社を1年以内に辞めた人は何人かいますが、みんな辞めてからの方がイキイキとした顔して人生歩んでいますね。


なんだかんだで退職後は数か月~2年以内に正社員として再スタートを切れていますし、挫折した分世間の同調圧力に流されない強い人間になれていますよ。

スポンサーリンク




早期離職をした後ろめたさはあるが後悔はない

f:id:Represent:20180530231714j:plain
こんな威勢のいい仕事辞めろ論を語っていますが、やっぱり退職直後の精神状態はかなり不安定でした。


というのも大学の同級生や会社の同期はみんな大変でも立派に勤めているわけですからね。このブログでもたくさん書きましたが、仕事をしていない後ろめたさは感じました。


その他にも

  • 自分は社会不適合者なのか?
  • うだつの上がらない人生を歩むのか?
  • 再就職をしてもまた失敗するのではないか?


などなどの不安や悩みですね。


で!こういった不安はドロップアウトした人はみんなが思うことなんですよね。


ただ、それでも辞めて後悔している人をわたしは見たことがありません。


後ろめたさや不安は感じるものの、じゃあもう一度やり直せるなら辞めた職場に戻りたいか?と聞かれると答えはNOです。


いろんなしがらみや同調圧力を取っ払って「退職する」と決めたわけですからね。辞めたいと悩んでいる職場のストレスは、それほど過酷ということ。

辞めたいと思っている会社で屍のように生きる人生は幸せなのか

f:id:Represent:20180629142602j:plain
まず「辞めたら後悔するか?」と不安になっている人は、今のキツイ仕事を続けながら将来の自分の人生設計ができるかって問題と向き合いましょう。


どうですか?ハッキリ言って無理じゃないですか?


辞めたら後悔する…という目に見えない将来の不安抱えながら、一方で「今の仕事は無理だ」と思いながら仕事を続けると、あなたが体力的or精神的に潰されるまで追い込まれますよ。


というかそんな仕事で追い込まれている日々を耐え忍んで、果たしてあなたの人生はそれでいいのか?という問題ですね。


とはいえ退職には少なからずリスクが伴います。退職を簡単に決断できないのはリスクを考えるからですよね。


「辞めるリスク」と同時に「今の会社に残って屍のように生きるリスク」もしっかり考えてみてください。

ブラック企業に勤め、そこで潰されても誰も責任をとってくれない

news.careerconnection.jp

電通の社員が過労が原因で自殺に追い込まれた事件。


記事のタイトルの通り人が1人死んでいるのに、電通に対する罰金はなんと「50万円」のみ。


もし「今の会社に残って屍のように生きる」という選択をして、最悪の事態が起きてもたったこれだけです。

スポンサーリンク




ぶっちゃけ辞めるリスクは大したことない

f:id:Represent:20180604164423j:plain
新卒1年目が数か月で退職することは、一般的にリスクが高いような行動だと思われますが本当のところはどうなのか?


これもぶっちゃけ大したリスクは無いような感じがしますね。


こちらの「既卒者・第二新卒・20代に特化したおすすめ転職サイトまとめ」でも紹介していますけど、第二新卒の転職市場はかなり整っているのでほとんど心配ないと言えるでしょう。


ただし、早期離職の回数が3回、4回となると面接でつっこまれた時の対応が面倒ですね。もちろん計画的であったり自分の強い意志をもった転職であれば問題ありません。


再就職を目指した時のリスクは少ないですが、ニート期間の金銭面はリスクと言えるレベルで辛いですね


生活費・保険・年金・住民税etc…わたしは退職後に約9か月間ニートをしましたが、最後の方はかなりジリ貧の生活を強いられていました。


わたしが早期離職で感じたリスクはそれくらいですね。仕事を辞めても近い将来また働く意欲があれば問題ないかと。

早期離職と再就職とその後

f:id:Represent:20180619235428j:plain
これけっこう気になる人多いと思うのですが、仕事を辞めた後その人の人生は具体的にどう変わったの?っていう話ですよね。


記事の最初の方にも書きましたがほとんどの場合、6ヵ月~2年くらいの期間で再就職しています。男の場合そのままがっつり非正規社員orフリーターの人は意外と少ない印象。女性は契約社員の人も以外と多い。


ここで「早期離職してよかった」と言う人は、自分の向いている職種を選択できているからです。


文系出身の男性は就職活動で無意識に営業職を選択しますよね。


でも営業なんて向き不向きがかなり激しいので、そいうった人たちは再就職で営業職を避け、自分のできる仕事を現実的に考えて仕事に就きます。


というわけで、みんな向いてもいない営業職から逃げることができてのびのび仕事をしていますよ。

スポンサーリンク




さいごに

新卒に限らず早期離職に対するネガティブな意見の理由は、「会社員は会社の経費だから」ということだけ。


「経費でパソコンを買う」と「経費で社員を雇う」というのは会社からすると全く同じです。そりゃあ長く使えるパソコン(社員)の方が嬉しいに決まっていますよね。


だから新卒の社員に対して口を酸っぱく「最低でも3年」というわけですね。


別に早期離職したからと言って人格を否定される筋合いもないし、会社側も社員の使い方が悪かったという落ち度はあるので深く落ち込む必要もありません。


ということで早期離職をしても後悔しない!ということでした。


おしまいっ!